愛護団体も理解できるが、きちんと作っている毛皮もたくさん存在するんです。


by biutiful_fur

<   2014年 09月 ( 29 )   > この月の画像一覧

毛皮大好き

b0324346_15113442.jpg


毛皮を愛す





















[PR]
by biutiful_fur | 2014-09-18 10:10

毛皮大好き

b0324346_15081058.jpg





毛皮を愛す

















[PR]
by biutiful_fur | 2014-09-17 15:07

毛皮大好き


b0324346_15051313.jpg




毛皮を愛す


















[PR]
by biutiful_fur | 2014-09-17 09:54

毛皮大好き

b0324346_13525878.jpg




毛皮を愛す




























[PR]
by biutiful_fur | 2014-09-16 13:52

毛皮大好き

b0324346_13500959.jpg




毛皮を愛す


















[PR]
by biutiful_fur | 2014-09-15 13:49

毛皮大好き

b0324346_12305295.jpg


Q
OATradeMarkラベルって、何ですか?


A
ORIGIN ASSURED(原産国認証)の頭文字をとって、OATradeMarkラベルと称しています。国際毛皮連盟(IFTF)が中心になって進めてきたプログラムで、消費者に対して、毛皮の購入時に、毛皮の原産国に関する情報を提供するものです。OATradeMarkラベルが付いている製品は、使用されている養殖あるいは野生動物の毛皮が、毛皮生産に関する国や地域の法律や規則が施行されている国から輸入されていることを表しています。詳しくは、www.originassured.comをご覧ください。





















[PR]
by biutiful_fur | 2014-09-14 09:30

毛皮大好き

b0324346_12273528.jpg

Q

毛皮にも虫食いが起きるの?


A
起こります。毛皮につく虫には、イガ、コイガ、ヒメマルカツオブシムシ、ヒメカツオブシムシなどがいます。刺し毛と綿毛も一緒にゴゾッとした感じで毛が抜け、周りに白い粒々状のものが見られるときは、保管ミスによる虫食いと思われます。虫食いを発見したら、出来るだけ早く購入店かクリーニング店に相談しましょう。毛皮は部分的な虫食いなら修復ができますが、製品全体に損傷が及んでいる場合など修復できないこともありますので、早めの処理が肝心です。



























[PR]
by biutiful_fur | 2014-09-13 09:26

毛皮大好き

b0324346_12231012.jpg

Q
ラビットのジャケットを買おうと思っています。でも、ラビットの毛は抜けるから
やめたほうがいいと言う人がいるのですが?

A

正確に言うと「抜ける」のではなく「切れる」のです。ラビットの毛は、一部分が細くなっています。また、毛の表面の摩擦力が大きいので、折れたり切れたりしやすいのです。そのため、刺し毛を抜いたり、毛の先を刈りとる加工を施して、ラビットの欠点を解消する方法がとられています。こうした抜き毛や刈り毛加工されたものは、ビロード状の薄い軽い素材に仕上がります。ラビットは、染色が容易で値段も手ごろなので、いろいろな製品が出回っています。きっとご自分に似合うジャケットが見つかるはずです。




















[PR]
by biutiful_fur | 2014-09-12 10:22

毛皮大好き

b0324346_12130698.jpg
Q

毛皮は一生もの?


A
毛皮も衣料品のひとつです。どんな高級な服やセーターでも何十年も経てば、いろいろな変化が起こります。ある程度の月日が経てば、いくら一回も着ていなくても、皮は硬くなりますし(硬化と言います)、毛が抜けやすくなる、さらに色は変・褪色してくるなど、さまざまな自然劣化の現象が起きてくるものです。毛皮はあくまでも消耗品であって、買ったときの財産価値や状態が永遠に続くものではありません。


















[PR]
by biutiful_fur | 2014-09-11 10:12

毛皮大好き

b0324346_12020834.jpg

Q 
購入した毛皮製品に品質表示がありませんでした。にせものでしょうか?


A
衣類の表示は、「家庭用品品質表示法」で規制されておりますが、毛皮には、適用されておりません。品質表示が付いてなくても、一概に、その毛皮製品がにせものとは言えないでしょう。JFAでは、消費者の購入の目安となるよう毛皮の表示名の指針を定めており、加盟社や関係団体に周知しております。尚、素材名を偽って表示している場合は、「景品表示法(不当景品類及び不当表示防止法)」違反となります。


















[PR]
by biutiful_fur | 2014-09-10 10:01