愛護団体も理解できるが、きちんと作っている毛皮もたくさん存在するんです。


by biutiful_fur

<   2014年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

毛皮大好き







Fashion Week FUR FASHION SHOW

Mercedes Benz Fashion Week

China AutumnWinter

2014 15 90590 NMNB





















[PR]
by biutiful_fur | 2014-07-31 11:25

毛皮大好き








Runway fashion Show 2010-2011
























[PR]
by biutiful_fur | 2014-07-30 10:19

毛皮大好き











THE ART OF LUXE - FUR FASHION

RUNWAY SHOW - WINTER 2011-12























[PR]
by biutiful_fur | 2014-07-29 11:51

毛皮大好き








ESNE-Saga Furs project crosses borders to explore what's beyond






























[PR]
by biutiful_fur | 2014-07-28 12:09

毛皮大好き

Nice



[PR]
by biutiful_fur | 2014-07-27 10:19

毛皮大好き

b0324346_10150504.jpg



オーストラリアン・オポッサム

オーストラリア及びニュージーランドで生息。通常オポサムと呼ばれているが、南北アメリカ大陸に生息する全く別種のアメリカンオポサムと区別するため生産国を付けた呼称が用いられている。日本名をフクロキツネと言う。色は、深い青灰色、あるいは茶褐色で、縮れた毛に特色がある。














[PR]
by biutiful_fur | 2014-07-26 10:14

毛皮大好き

b0324346_10114907.jpg


アメリカン・オポッサム

北アメリカからアルゼンチンまで分布するフクロネズミ。綿毛がクリーム色で、灰褐色の霜降り状の刺し毛がある。毛足は長めのものから短めのものまであり、自然色で使われることが多い。


















[PR]
by biutiful_fur | 2014-07-25 10:11

毛皮大好き

b0324346_10034594.jpg


フィンラクーン
ナチュラル

b0324346_10023109.jpg


チャイニーズラクーン
ブリーチ

イヌ科 / 学術名:Nyctereutes procyonoides

フィンラクーン、チャイニーズラクーン、ロシアンラクーン、コリアンラクーンは、産地名が付けられたタヌキの養殖種。毛皮素材の表記をする場合、タヌキ(チャイニーズラクーン)等、「タヌキ」を必ず記載しなければならない。(参照リリース)刺し毛は強く長く、黒、茶色、クリーム色がまじりあっている。綿毛は、黄褐色から灰褐色で、やや長く、シルキーで密度もやや良い。毛丈は、長毛に属し、耐久性・保温性に優れる。タヌキに比べ、黒い刺し毛部分と綿毛部分とのコントラストがより鮮明である。ナチュラル(自然色)で、フード周り等トリミングに用いられることが多い。また、ブリーチ(脱色)をして、用いられることもある。




















[PR]
by biutiful_fur | 2014-07-24 09:50

毛皮大好き

b0324346_09474904.jpg

タヌキ



イヌ科

日本、中国、ロシア、韓国が主な産地。かつては、日本の北海道、東北産のものが良質とされ、さかんに輸出されていたが、現在、日本産のタヌキは、鳥獣保護法の対象であり、輸出をする為には、原産地証明書の提出が必要。生息地域により毛色、毛質が多少異なるが、一般的に刺し毛は強く長く、黒、茶色、クリーム色がまじりあっている。綿毛は、黄褐色で、やや長く、シルキーで密度もやや良い。毛丈は、長毛に属し、耐久性・保温性に優れる。抜毛してシルキーで密度の高い綿毛だけで使われることもある。また、刺し毛は、筆毛としても活用される。



































[PR]
by biutiful_fur | 2014-07-23 09:49

毛皮大好き

b0324346_16040748.jpg


セーブルやオポサムと同様、全く別の
2種類があり、生産国を付けた呼称が付けられている。

アメリカンラクーン

カナディアンラクーン

アライグマ科

学術名:Pricyon loter Linn

えさを水に浸して食べることから、日本ではアライグマの名称がある。毛色は、緑褐色から黒褐色。やや長い刺し毛と暗褐色の綿毛で保温性、耐久性に優れ、タヌキに似ている。尾にあるリング状の斑紋が特徴で、デビークロケットの帽子に使われたことで有名。





















[PR]
by biutiful_fur | 2014-07-22 16:08